Vol.1 ― OH MY GIRL完全体で待望の日本デビュー「ファンの前でかっこよくデビューしたい」

홈 > 커뮤니티 > 자유게시판
자유게시판

Vol.1 ― OH MY GIRL完全体で待望の日本デビュー「ファンの前でかっこよくデビューしたい」

OMG 0 310 19.01.07 19:35

998B07335C332A8E20

昨年8月にOH MY GIRL BANHANA として日本デビューを果たし、ユニットでありながらも全員で日本活動を展開し、キュートな魅力を見せてくれたOH MY GIRL 。そんな彼女たちが2019年1月9日、ついに完全体として日本デビューする。日本デビューアルバム「OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM」には、9月に韓国で1位を獲得した最新楽曲「花火(Remember Me)」の日本語ver.をはじめとし、「Secret Garden」「Coloring Book」「WINDY DAY」「LIAR LIAR」「CLOSER」「CUPID」など全てのリード曲の日本語ver.が収録されている。

ファン待望のベスト盤に仕上がったデビューアルバムや、これまでの日本活動、少し大人になった彼女たちが挑戦してみたいことなどについて話を聞いた。


 

ユニット活動を経てついに完全体で日本デビューへ

――来年1月9日に日本デビューアルバム「OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM」で全員でのデビューが決まりました。今度はいよいよOH MY GIRLとしての正式デビューとなりますが、お気持ちはいかがですか?

ミミ:まずOH MY GIRL BANHANAとしてデビューをしましたが、今度はOH MY GIRL完全体で正式に、日本語バージョンのタイトル曲と共にファンの前でかっこよくデビューしたいという気持ちが一番大きいです。またこうやってOH MY GIRL完全体でデビューができるのはファンの皆さんのおかげだと思っているので、ありがたい気持ちでいっぱいです。

ビニ:まずユニットでデビューしてから完全体でデビューすることってあまりないと思うんです。またユニットということでしたが全員で活動して、その時良い思い出やたくさんの応援をもらいました。それからこうやって完全体でデビューすることになったので、期待も大きいですし、完全体での曲なのでもっと良い姿をお見せしなければという責任感もあります。 

99727A505C332A8E1B

――OH MY GIRL BANHANAのプロモーションでは、デビューショーケースやリリースイベントなど日本で初めて長く活動をしたと思いますが、特に印象に残っていることを教えてください。

ヒョジョン:タワーレコードの各店に訪問できたというのがすごく不思議な経験でした。私達が直接ファンの方々にアルバムを渡したり、ポスターをお渡しする1日店員になるイベントも行ったんですが、その時に多くのファンの方々と近くで話をすることができたのですごく楽しかったです。

スンヒ: Venus Fortでメンバーが1人1人ブースに入ってそれぞれファンに会う時間があったんですが、その時に何かよく分からないドキドキ感というものがあったんですよ。ブースの中で待っていて、ファンが入って来たら驚かせてみたりして(笑)。ハイタッチ会や握手会、サイン会、撮影会もやったんですが、撮影会は初めてだったんです。なんか、ファンの方に写真を撮ってもらうのが少し恥ずかしかったです。初めは慣れなかったんですが、後には自分が自然とポーズをとったりしてて「あ~、私慣れたんだ」とも思ったし(笑)。「どんなポーズをとってほしいですか?」ってファンに聞いたりして、すごく楽しい思い出を作れました。 

99CC424B5C332A8E1E

――ショーケースでは、それぞれMCも異なり、内容も少しずつ違いましたが、いかがでしたか?

ミミ:大変だったというより、新鮮でした。1日に3部まであるのに、それぞれ違う内容でMCも違ったので、見ていた方々も楽しんでいただけたと思いますし、私達も楽しかったです。

スンヒ:皆すごく良かったです! それぞれのメンバーが1部、2部、3部を担当して行ったんですが、それぞれのカラーも異なっていたなと思います。1部はミミのお茶目な感じやいたずらっ子のような魅力がよく合っていたと思うし、2部はジホの落ち着きがあって慣れた感じがよく表れていてすごく安定していました。3部はビニならではの進行能力が発揮されてすごくよく3部をまとめ上げていた感じがしたので良かったです。MCを信じてやっていましたね。

メンバー:お~(笑)。

ビニ:ありがとうございます(笑)。

ヒョジョン:さすがMCボット(MC+ロボットの略)。何か今もMCしてるみたいだよ(笑)。

ビニ:今日のMCはスンヒだね(笑)。 

99C09D4A5C332A8E13

――「OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM」は、デビューアルバムでありながらもこれまでのカムバック曲がすべて収録されていて、ファンにとっては本当に豪華でうれしいアルバムになっていると思います。皆さんもこれまでの活動曲がすべて日本語で形になり、達成感がかなりあったのではないですか?

ヒョジョン:私達がデビューしてから披露してきた曲は日本のファンの方々にもたくさん愛していただいたので、是非日本語バージョンでもステージを披露したいなと思っていたんです。今回「花火」や「WINDY DAY」「Secret Garden」など、全てお聞かせできるようになりました。私達自身にとっても良い機会でしたし、MIRACLE(OH MY GIRLのファン)の皆さんがすごく喜んでいたんです。だから、私達もこれからステージで日本語バージョンを披露することを考えるとすごくドキドキします。

ユア:そういう気持ちが一番大きかった気がします。日本の皆さんが好きでいてくれる曲を日本語で歌いながら一緒に交流できたら良いなということを一番最初に思ったので、今回のようなアルバムが作られたのだと思います。

――レコーディングにはどれくらいの時間がかかったのですか?

ジホ:ほぼ1週間かけてレコーディングしたと思います。1日に1曲ずつレコーディングしながら、足りない部分はその後にちょっとずつ付け足していくという感じで。やっぱり発音が、韓国語とは異なるので歌う時の発声も変わるんですね。そのニュアンスに近づけるために努力しました。練習の期間も合わせると1、2ヶ月くらいかかったと思います。
 
 

「花火」は私達の輝く思い出を様々な感情で表現した曲

995212335C332A8E23

――韓国では最近「花火」をリリースされましたが、どのような曲か教えてください。

ビニ:「花火」という曲は言葉の通り、花火が夜空で輝くように、私達の心の中に残っている輝く思い出を様々な感情で表現した曲です。1曲の中で様々な感情が感じられる曲になっていると思います。

――「花火」は、今までの曲の中で一番ガールクラッシュ(女性が女性に対して憧れの感情を抱くこと)な色が強いと思います。特にアリンさんが今までの可愛いイメージから一変して大人っぽく感じられましたね。

ヒョジョン:アリンちゃん、褒められてよかったね!(笑)

ミミ:こういう言葉を一番聞きたかったんでしょう?(笑)

アリン:(笑)。「花火」の前までは、可愛いイメージが強い曲が多かったんですが、今回は成長した大人っぽい姿や新しい姿をたくさん見せられる曲になったと思います。だから満足しています(笑)。

ミミ:満足したのね、よかった(笑)。

――曲の冒頭を歌うビニさんもすごく印象的で、重要な役割を果たしているのではないでしょうか?

ビニ:そんな風に言っていただけるなんて嬉しいです(笑)。実は私、デビューしてから一度も曲の導入部を担当したことがなかったんです。初めて曲のパートをもらった時にパート分けをしてくれたプロデューサーの方がすごくプレッシャーをかけてきたんです(笑)。「曲の最初が大事なの分かってるよね? レコーディングだけで10時間もかかっちゃうかもよ」とか冗談で意地悪なことを言って(笑)。でも、実際のレコーディングではたくさん褒めてくれたし、楽しくできたので良かったです。メンバーも自信をつけてくれたし。だから私自身も精神的にすごく成長できたアルバムになりました。 

99DA78375C332A8E2F

――音楽番組では1位も獲得されましたね。曲に対するファンの皆さんの反応はいかがでしたか?

ヒョジョン:私達が新しいことに挑戦することを喜んでくださったファンが多かったと思いますね。今回のカムバックもどんな曲でカムバックするのかたくさん期待されていたみたいだったので、私達も一生懸命に準備したし、期待に応えられるようにたくさん悩んだアルバムでした。その結果良い成績も得られてすごく嬉しかったですし、MIRACLEもすごく喜んでいた気がします。1位を獲得した時にも、現場にMIRACLEがいたのですが私達よりも喜んでくれたし、長い間応援してくれていたので、すごく喜んでくれた気がします。

スンヒ:MIRACLEはいつも泣くんです。感受性がものすごい豊かなので。

ヒョジョン:スンヒみたいにね(笑)。

スンヒ:あちゃ~(笑)。それにMIRACLEが泣くのを見て泣く時もあるんですよ(笑)。一回落ち着いたのにもう一回ね。実は「Secret Garden」で1位を獲得した時にも、一回気持ちが落ち着いたのに、泣いているMIRACLEを見てまた泣いたりしました。それくらい涙もろいんです。

ビニ:似ていくものだってよく言うからね。

スンヒ:そうそう! 本当にそんな感じがする。
 
 

「女性らしさがより強く表れた活動だった気がします」

991DB4465C332A8E03

――今回は衣装も黒を基調としていて、これまでのキュートな雰囲気とは違うなと感じたのですが、メンバーの皆さんはいかがですか、気に入りましたか?

ユア:はい! 今回の衣装をみると、細かい部分のデザインも良いし、それぞれのメンバーの個性にも合っていてすごく気に入っています。衣装のおかげで「花火」の曲の雰囲気もよく表現されていると思うので、すごく気に入っています。

ミミ:以前よりもすごく華やかになったと思いますね。

――今回のカムバックでこのメンバーはこんな風に変わったなと感じた部分はどんなところですか?

ミミ:私は97ライン(97年生まれのメンバー)かな。ジホとビニは目つきからカリスマ性が溢れるスタイルなんだけど、今までは純粋で幻想的な感じのコンセプトをいっぱいしてきたので、それを隠してきた気がするんです。でも今回はそういったカリスマ性を目で十分見せられたのではないかなと個人的には思います。

スンヒ:私は、もう97ラインの話は出たからアリン。末っ子のアリンが本当に見せたいと思っていた姿をそのまま見せられたんじゃないかなと思います。

ユア:前髪も無くしたしね。

スンヒ:たくさんの方から「アリンが大人っぽくなった気がする」という話を聞きました。もちろん私自身もすごく感じたし、女性らしさがより強く表れた活動だった気がします。アリンはセクシーな感じも好きだけど、私達が見るとまだ赤ちゃんみたいな感じなので、まだセクシーは早いかな?(笑)。 

990ED4445C332A8E10

ミミ:でも、しょうがないのは一回末っ子になると永遠に末っ子な気がするからね(笑)。

ジホ:すごくたくさん愛されている末っ子だからね。

スンヒ:毎日のように伸びてます、本当に。

アリン:ありがとうございます(笑)。

ヒョジョン:私は95ラインかな。

ビニ:お姉ちゃんたちがすごい妹たちを褒めてるじゃん!

ヒョジョン:なんか3人が本当にこの曲と合ってる感じがしたんです。私にとって今回のコンセプトは挑戦で、新しい経験になったのですが、ミミとユアとスンヒは元々やりたかったコンセプトだったんじゃないかなということをすごく感じたんです。ステージでもすごく楽しんでいたし、本当にこの曲がぴったりだなっていう。そういう感じをたくさん感じましたね。特にユアとミミは元々ガールクラッシュな魅力を持っている子達なので、そういう姿が光っていたなと思ってすごく良かったです。 

998440455C332A8E10

ユア:でもそんなことを言っているヒョジョンお姉ちゃんも、いつも笑っているけれど、その笑っている目の中にカリスマ性が感じられるんですよ。お姉ちゃんは挑戦だったと話していたけれど、チームのリーダーでもあるから元々カリスマ性を持っていて、そのような姿がステージでもよく表れていたと思います。

ミミ:いつも中心を保っていてくれるんです。

アリン:チームも明るくしてくれるし。

ヒョジョン:じゃあ結局みんな良かったということで(笑)。

――ミュージックビデオではヒョジョンさんのいる現実の世界からユアさんのいる南国、宇宙までかなりスケールが大きいですよね。どんなストーリーを描いているのでしょうか?

ジホ:MVは、私達が初めに考えていた意図は年代別で分かれていて、70年代はクイズショー、80年代はミミお姉ちゃんの車のシーン、現代はヒョジョン姉さんの誕生日パーティーのシーン、そして未来は宇宙という風に分けていたんですが、ファンの方々がすごく面白い解釈をしてくれたんですよ。「メンバー達が将来なりたい姿なんだ」とか「10年後や20年後のメンバー達の姿だ」という風に。そういう解釈もすごく面白いなと思ったし、むしろファンの方々が私達のMVを豊かにしてくれたんです。

ヒョジョン:色んな解釈ができるMVになった気がします。だから特に1つの意味に決めたくはない感じ? かな。 

99A2A8495C332A8E18

撮影:朝岡英輔

■リリース情報
「OH MY GIRL JAPAN DEBUT ALBUM」
2019年1月9日(水)発売

<CD収録曲>※全形態共通
M-1. 花火(Remember Me)Japanese ver. 
M-2. Secret Garden Japanese ver.
M-3. Coloring Book Japanese ver.
M-4. WINDY DAY Japanese ver.
M-5. LIAR LIAR Japanese ver.
M-6. CLOSER Japanese ver.
M-7. CUPID Japanese ver.
M-8. 花火(Remember Me)※最新楽曲の韓国オリジナルver.

【初回限定盤A】CD+DVD
価格:3,960円(税込) 品番:BVCL-935~936
特典:ハズレなし!メンバー宛名入り個別サイン会 or 個別撮影会 参加券付メンバーソロフォトカード14種類から1枚封入

<CD>
最新曲「花火 (Remember Me)」含む日本語ver.7曲+韓国オリジナルver.のタイトル曲7曲 = 合計14曲
<DVD>
最新曲「花火 (Remember Me)」日本語ver.MV1曲 +韓国オリジナルver. MV7曲 =合計8作品
+花火(Remember Me) Japanese ver.Music Video Making Movie 収録

【初回限定盤B】CD+DVD
価格:3,960円(税抜) 品番:BVCL-937~938
特典:ハズレなし!メンバー宛名入り個別サイン会 or 個別撮影会 参加券付メンバーソロフォトカード14種類から1枚封入

<CD>
最新曲「花火 (Remember Me)」含む日本語ver.7曲+韓国オリジナルver.のタイトル曲7曲 = 合計14曲
<DVD>
OH MY GIRL BANHANA Show Case Live Part1、Part2、Part3 Digest Movie
+OH MY GIRL BANHANA Show Case Live Part1、Part2、Part3 Making Movie

【通常盤】CD only
価格:1,980円(税抜) 品番:BVCL-939
※通常盤にはイベント参加券付フォトカードの封入はございません
最新曲「花火 (Remember Me)」含む日本語ver.7曲 +「花火 (Remember Me)韓国ver.1曲 =合計8曲

【リリースイベント情報】
・2019年1月8日(火) 神奈川:川崎クラブチッタ
・2019年1月9日(水) 東京:サンシャインシティ 噴水広場
・2019年1月10日(木) 東京:サンシャインシティ 噴水広場
・2019年1月11日(金) 愛知:イオンモール大高
・2019年1月12日(土) 愛知:イオンモール東浦
・2019年1月13日(日) 兵庫:神戸XEBECホール
※詳細は公式サイトをご確認ください。

■関連サイト
公式サイト:https://ohmygirljapan.jp

, , ,

목록
제목
  더보기